​子犬を迎えた方

DSC01165.JPG
 

子犬の社会化トレーニング

はじめに​

子犬を迎えると「社会化が大事!」と良く耳にしますが、

実際のところ「社会化って何?」、「何をすればいいの?」と思う飼い主様が多いと思います。

これから、社会化の重要性について詳しくお伝えさせていただきます。

社会化期

社会化期とは、私たち人間と犬が共に安心して、暮らして行くための大切な時期です。

この時期に、たくさんの新しい人や犬、聞いたことのない音、そして行ったことのない場所に彼らが出会うことにより、今後の生活に大きく影響を与えます。

社会化期には、「第1社会化期」と「第2社会化期」があります。

「第1社会化期:生後4週齢12週齢の間」

(好奇心旺盛な時期、色々なことに慣れやすい)

「第2社会化期:生後13週齢〜1歳6ヶ月ごろまで」

(恐怖心を抱くようになり、初めて体験することに怖がるようになる)

子犬を迎えたら、ワクチンプログラムを心配し、1日1日大切な時間を家の中で過ごし、とても大切な社会化期を逃してしまう子犬たちが多いです。

子犬を迎えてトレーニングを考えている方は、ぜひとも直ぐにご連絡ください。

子犬のトレーニングで、トイレトレーニング、欲求吠え、甘噛み等を悩まれる方がほとんどですが、それらのトレーニングは正直いつでもできます

「社会化期」は期間が決まっているので、一度逃すと二度と戻ってきません

この「社会化期」に正しい方法で、「社会化トレーニング」を行うことで、今後の彼ら、そして飼い主様の生活を左右します。

社会化期の過ごしかたによって、犬の性格も変わります。

その時期に、なんでも大好きなHAPPYな犬になるか、毎日怯えて悲しい顔をして生きていく犬になるか、に分かれます。

WAG TAILでは、そのご家庭にあった「社会化トレーニング」を提案し、飼い主様とご愛犬が成犬になっても安心して楽しく暮らせるサポートを致します。

 

「はじめの一歩」が大事

_MG_2535 2.jpg

子犬との接し方

子犬との生活の中で甘噛み・要求吠え・飛びつき、興奮等を防ぐためには、子犬に対しての

「1番最初の接し方」が大切になってきます。

例えば、

「初めて飼い主様の手を甘噛みした時、どういう対応をしたか?」

「初めて要求吠えをした時、どういう風に振る舞ったか?」

「初めて人に飛びついた時、どのように接したか?」

 

子犬がこれらの行動をした時、飼い主様がどのように振る舞うかが重要になってきます。

また、振る舞い方により、甘噛み等の行動が「改善するか」、「成長と共に悪化するか」が、分かれてきます。

飼い主様が前もって子犬に対しての正しい接し方を理解していれば、甘噛みなどが酷くなり頭を悩ますことはなくなります。

 

子犬の生活環境

子犬を育てる上で、飼い主様が犬にとって正しい生活環境を知っているか、知らないかで、今後問題が起きるか起きないか、またはトレーニングの進みが良くなるか、悪くなるかが分かれてきます。

みなさんゲージやクレートをどのように活用にしていますか?

また、トイレの位置は、犬にとって適した場所に設置していますか?

例えば

「子犬がケージの中で長時間過ごしている」→ストレスが溜まる

「トイレを寝床の隣に置いたり、ご飯を食べる近くに置いていないか?」→トイレの失敗が増える

「噛まれたくないものを片付けていない」→家具を噛んだり、誤飲につながる

生活環境を見直すことで、ご愛犬と飼い主様が楽しくストレス無く過ごせるかが決まります。

 

子犬に嫌がることを行っていないか?

ブラッシング、シャンプー、爪切り等のお手入れ、洋服を着せる、首輪、ハーネスをつけることを初めて行うと犬は嫌がります。

なぜなら、犬にとって「お手入れをすること」、「首輪やハーネス、洋服を身につける」ことの意味を理解することができないからです

ブラッシングなどのお手入れを行うと、子犬はびっくりして嫌がったり、逃げようとする行動は自然な行動です。

子犬が嫌がっている状態で、無理にお手入れを続けてしまうと、余計に嫌がるようになり、スムーズにお手入れができなってしまいます。

また、我慢の限界を迎えてしまうと、体を触らせないように噛む行動を行う可能性が出てきます。

そうなってしまうと、動物病院での受診やトリミングサロンでのお手入れができなくなってしまいます。

そうならない為にも、どのように慣らしていくのかを飼い主様が知っておくことが大切です。

​パピークラス

 

WAG TAILのパピークラスは、他のパピークラス、パピーパーティと違います。

パピークラスの主な内容は、飼い主様向けの座学を行い、飼い主様には「犬という動物」について学んでいただきます。

その他にも、犬同士を遊ばせ、犬の行動を読み取る練習を行ったり、問題行動(吠える・噛む等)の予防方法や解決方法をお伝えしております。

犬同士を遊ばせたり、「おすわり・待て」などの服従訓練をお伝えするだけではありません。

飼い主様とご愛犬が、今後の長い将来を楽しく暮らし、共に成長し、そして彼らが人間社会の中で人と問題なく過ごせるようになるアドバイスをします。