Vol.1 自己紹介と犬の社会化について感じた事

更新日:5月8日



みなさん、こんにちは。

WAG TAILアシスタント兼カメラマンです。

今日から、「WAGTAIL アシスタントの呟き」というブログを更新していこうと思ってます。


このブログでは、日々のドッグトレーニングを同行して感じた事、愛犬との日常等を日記形式で呟けたらな、と思ってます。

ぜひ、お時間ある時に覗いてみて下さい☺︎


まず簡単な自己紹介からさせていただきます。

私は、主にWAG TAILのトレーナーのお手伝いをしています。

基本、トレーニングに同行する際は、トレーニング風景を撮影したり、犬と飼い主様目線でお話を聞いています。

ドッグトレーナー は犬目線、犬ファーストに考えて、見ている方が多いと思います。

でも実際、犬を飼っているのは飼い主さんです。

トレーニングを継続して続けていても、飼い主様が諦めてしまったり、挫折してしまったら、元もこうもありません。

犬を変えるには、まずは飼い主様に意識や考え方を変えて頂かなければ、犬は変われません。

でもその意識を変える、変わる事が難しいんです。

私は意識を変える事が出来た飼い主の一人です。

だからこそ、飼い主様に寄り添い、トレーナーと一緒に精一杯サポートさせて頂きます。

犬とのハッピーな生活をお手伝い出来たら嬉しく思います。


自己紹介はここまでにして...

今日は犬の社会化について思うことを書こうと思います。

先日、カフェでお茶を飲んでいたら、私の横で、犬が飼い主さんととてもリラックスして、お利口さんにお茶をしてました。

犬の様子をしばらくの間見ていたら、人や犬を気にしている様子はなく、とても穏やかでした。

飼い主さんにお話を聞いたら、子犬の頃からお外やカフェ、色々な場所へ連れて行ってあげていた様です。

生後6ヶ月過ぎてもお家の中でしか生活した事しかない子と、生後6ヶ月前から色々な場所へ行き、色々な場所で様々な事を経験した子では、顔つきや穏やかさが違います。

皆さんも人間に置き換えて想像して下さい。

もし自分の子供が、高校生まで家から一歩も出た事がなく、自分の部屋で過ごし、高校生になったと同時に生まれて初めて外の世界を見たら、きっと見たもの、聞いたもの、会う人全てに対して、恐怖心が湧きますよね。

私たちが、大人になった今普通に生活出来ているのも、親が幼い子供を外に連れ出し、お散歩、公園、幼稚園デビュー等を通し、色々な場所に行き、色々な人との関わり合い方を経験してきたからこそ今があるのだと思います。


犬も同じです。

子犬期から、沢山色々な経験を積んできたからこそ今の彼らの姿があります。

早い時期から沢山な事を経験体験し、自信を持った犬は、怖いもの知らずで社交的なハッピーな犬に育ちます。

詳しい社会化の説明はこちらをご覧下さい。

ぜひ、子犬を迎えた方は、月齢関係なしに沢山の場所に行き、「この世界は楽しい!」と感じられる様に楽しい経験を沢山持たせてあげて下さいね☺︎


子犬だけではなく、成犬も社会化に遅いという事は絶対ありません。

子犬より時間はかかりますが、過度な怖がりさんでもしっかり専門家に診てもらい、適切な方法で社会化を行えば、必ず人間社会で楽しく暮らせる様になります。


今日みたいなお天気のいい日は愛犬とお出掛けをし、カフェでのんびりできらた犬との暮らしも益々楽しくなるのではないでしょうか。