top of page
  • WAG TAIL

カフェでの過ごし方、マナーについて



こんにちは!


WAG TAILです!

私たちは、愛犬を連れてよく犬同伴OKのカフェやレストランに行きます。

犬をお迎えしたら、一緒にカフェやご飯に行きたいと思いますよね。

最近は、犬にも優しいお店が増えてきています。

・お水を出してくれたり

・犬用のメニューがある

・犬用のマットやブランケットが借りれる

・椅子やソファーに犬も座ることができる

などなど、ドッグカフェではなくてもワンちゃんをお客様として見てくれるところがあります。

今回のブログでは、カフェやレストランなどでの過ごし方やマナーなどについて話ししたいと思います。




【お店の過ごし方やマナー】

・お店でのマナー

犬と一緒にお店に行くということは、お店のルールや周りの人に迷惑をかけないようにしなくてはいけません。

例えば

・店内で吠えない

・排泄ミスをしない

・テーブルや椅子を噛まない(子犬)

・テーブルに前足を乗せない

・定員さんや他のお客様に飛びつかない

などです。

犬を連れてきているからこそ、自分たちだけが楽しむのではなく、他のお客様も楽しめる空間にすることが大切なのではないでしょうか?

また、全ての人が犬のことを好きとは限りません。

ワンちゃんを飼ってない人もお店にきている場合もありますので、周りの方への配慮が大切です。


・お店での過ごし方

では、お店の中ではどのように愛犬は過ごせば良いのでしょうか?

私が考える理想の過ごし方は、吠えたり、チョロチョロと動き回ったりせず、飼い主様の足元や近くでリラックスして、「おすわり」や「ふせ」をしている状態だと思っております。

そこには、犬もその場にいて「楽しい」という気持ちがあることが大切です!

ですが、案外カフェやレストランで落ち着いていられることは、難易度が高いことです。

なぜなら、限られた空間内で知らない人、犬、店内の音楽、食事の匂いなど、誘惑や苦手と感じる刺激がたくさんあるからです。

美味しそうな料理を隣のテーブルの人が食べていたり、店内で他の犬が吠えていたりしたら、落ち着くのは難しいと思います。


・リラックスしていられるようになるには

まずは、しっかりと社会化トレーニングを行うことが大切です。

お店には知らない人や犬、音など、ワンちゃんが怖いと感じる刺激がたくさんあります。

怖いと感じてしまう気持ちが強いとお店の中で落ち着くことはとても難しいと思いますし、ワンちゃんもお店の中にいるのがしんどくなります。

その次に行わなくてはいけないことは、「飼い主様の近くにいる練習」です。

リードを引っ張ってあっちこっちに行こうとしたり、今何をしていいかわからないことから吠えてしまったりしないように、「いまはリラックスする時間だよ」ということをトレーニングを通して教えてあげることが大切です。

落ち着くことができなかったり、吠えてしまったり、リラックスしていられないのは、犬が「何をしていいのかわからない」、「この状況をどう対処していいかわからない」からです。

飼い主様が優しく、愛犬にしてほしいことを明確にわかりやすく伝えて行くことがリラックスして過ごせるようになる秘訣です!

具体的なトレーニング方法は割愛しますが、もしカフェやレストランなどでの過ごし方でお困りのことがありましたら、是非WAG TAILにご相談ください。




Commentaires


bottom of page